Archive for the ‘弁護士’ Category

弁護士を依頼したいと思ったとき、どこで探せばいいのか迷うのではないでしょうか

木曜日, 11月 1st, 2012

(僕の地位のおかげという意)理由3.長男の嫁としてはいずれ同居は覚悟してましたが、何の相談もなく、ある日子供を幼稚園に送って帰ってきたら不動産屋の人が、査定にきてました。たとえ誰かに「あの弁護士はいいよ」とおすすめされても、アナタにとって“いい弁護士”とは限らないケースもあることを覚えておきましょう。年金分割は離婚から2年以内に行うことができますが、離婚の際に決めておく方が良いでしょう。母が親権者となって子供を引き取って育てる場合であっても、父と子供の関係は残りますから、父は子供の養育費を負担する必要があります。離婚にまつわる慰謝料・財産分与・年金分割・養育費・親権・監護権・公正証書の作成のご相談、また、DVや不倫などの慰謝料など、男女関係のトラブルについてお悩みでしたらお気軽にご相談ください。」というものです。弁護士を依頼したいと思ったとき、どこで探せばいいのか迷うのではないでしょうか。「他の家庭の夫は浮気をしたり、暴力をふるったりしているが、自分の夫は言葉や態度だけだから我慢しなければならない」、「夫を怒らす自分が悪いのだ」と考えるのです。でも、私は、それを感じることができません。親権者の権限として、子の監護及び教育をする権利(民法820条)、居所指定権(民法821条)、財産管理権(民法824条)などがあります。離婚訴訟を起こす場合、訴状を作成する段階から、法律の専門知識が必要となります。離婚の話し合いがまとまらない場合、また別れることには同意できても、親権者・監護者が決まらない、養育費、財産分与、慰謝料、面接交渉などの条件で同意できないケースなどは、家庭裁判所に調停を申したてる方法で成立する離婚のことです。ましてや話しかけることなど不可能である。

家庭裁判所の離婚履行確保は利用することができません。

水曜日, 10月 17th, 2012

地方裁判所で判決が出た場合には、家庭裁判所の履行確保は利用することができません。「弁護士を依頼するのははじめてなので、よくわからない」という人でも、これを読めば安心。どの部分まででいくらかなどの計算は難しいでしょうから、専門家に相談した方がよいでしょう。配偶者の生死や所在が不明な為、協議離婚は出来ませんから、3年以上の生死不明を理由に裁判を起こして離婚判決をもらうしかありません。財産分与の時効は、離婚から2年(民法768条2項)なので、その期間内であれば請求する事ができます。数か月間の間に弁護士と数回の打合せをしながら、準備を進めていくわけです。「モラ夫は、その態度によって、自分の家庭を、妻や子どもの心を破壊するところに決定的な違いがある。父母のどちらが親権者となるのかを決めないと、協議離婚の場合には離婚届が受理されません。夫婦関係が完全に破綻してしまっているのに、国家が戸籍上のつながりを強制すべきではないという考え方です。費用を誤魔化す弁護士も居ますから、費用に関し変だな・・と思った場合は貴方が主任された弁護士が所属する弁護士会へ直接お聞きすると良いです。 しかし、A男が死亡したことによって内縁関係が解消した場合、最高裁判所平成12年3月10日決定(最高裁判所民事判例集54巻3号1040頁)は、X女はA男の相続人に対して、財産分与の請求をすることはできないとしています。対象となるのは、厚生年金と各種共済年金のみとなります。離婚の手続きを進める上で弁護士を立てる必要が出てくるケースもあります。

離婚よって弁護士が得意分野や担当事件の紹介ができるようになり

木曜日, 9月 20th, 2012

よって弁護士が得意分野や担当事件の紹介ができるようになり、弁護士に関する情報が得られやすくなりました。
弁護士へ相談する時には、事前に相談事の要点を整理して簡潔明瞭に伝えます。夫の年収は○○円なので、財産分与はいくらになるか、慰謝料、養育費の金額はどうなるのか夫名義の不動産の名義変更はどうしたらよいかなど、予め質問事項をメモしておくと打ち合わせがスムーズに進みます。
その為に、以下のようなトラブルが発生することが稀にあります。
弁護士15名(内女性8名)が全員家事事件のエキスパート集団であり、かつ、各弁護士が、家事の各分野に得意分野を有しています。
しかし弁護士探し・選びは大変です。このように離婚届は、簡単に受理される一方で、一旦戸籍に記載された事項の訂正には大変な労力を伴います。離婚の意思がない場合や離婚原因が納得できない場合には絶対に離婚届には署名捺印をしないようにしましょう。公正証書とは、法務大臣から任命を受けた公証人が作成する文章です。この文章は法的な強制力を持ち、裁判所の判決と同様の効力を持つ文章です。離婚の際は、夫婦間の合意を担保する強力な証拠となります。

離婚に伴う財産の問題にまで広く対応し、総合的な弁護士解決を重視しております。

木曜日, 9月 20th, 2012

離婚に伴う財産の問題にまで広く対応し、総合的な解決を重視しております。
協力・扶助・同居といった夫婦間の義務を、故意に果たさない行為の事です。
夫婦の一方が、配偶者や子供を捨てて家出して、生活費を渡さなかったり、相手方を虐待するなどして追い出し、帰ることが出来ないようにした場合などがこれに該当します服役してしまったからといって,夫婦関係が破綻してしまったとは断定出来ません。
 犯罪行為の内容やその重さ,妻や婚姻生活に与えた影響などを考慮して,夫婦関係が破綻していたか否かが判断されます。従って,犯罪がそれほど重いものでなかったり,服役中も夫婦が固い絆で結ばれていたような場合には,夫婦関係が破綻していたとはいいずらいでしょう。そのような場合,相手の男性に対して慰謝料請求することも可能と考えられます。
過した後,再度調停を起こすということも考えらます。
 夫が,「電話をかけて何も告げず,又は拒まれたにもかかわらず,連続して,電話をかける」行為を反復して行う場合には,ストーカー行為に該当します。
相手(不倫相手の配偶者)の出方にもよりますが,円満に終わらせたいのであれば,ある程度の慰謝料の支払いはやむを得えないでしょう。ただし,きちんと終わらせる意味できちんとした書面を交わしておくことが必要です。また,その際には,相手が不倫事実を周囲にばらさないよう誓約する条項も入れましょう。  

離婚を反復して行う場合には,ストーカー行為に該当します。

木曜日, 9月 20th, 2012

反復して行う場合には,ストーカー行為に該当します。従って,警察本部長等に警告を出してもらうことが可能です。また,夫がこの警告に従わない場合には,都道府県公安委員会に禁止命令を出してもらうことも可能です。
離婚という局面では相談者さんは自分に不都合な事情を依頼している弁護士にすら隠すことがあるようですし、結果弁護士すら予想出来ない展開になってしまうこともあるようです(自分が浮気しているのを相談者が隠していたとか)、元々完全に有責配偶者からの依頼で、相手にがっちり証拠を握られていたら、よい結果を導くこと自体困難です。 相手(不倫相手の配偶者)の出方にもよりますが,円満に終わらせたいのであれば,ある程度の慰謝料の支払いはやむを得えないでしょう。ただし,きちんと終わらせる意味できちんとした書面を交わしておくことが必要です。また,その際には,相手が不倫事実を周囲にばらさないよう誓約する条項も入れましょう。  しかし,これからは,決して我慢する必要がありません。一度きりの人生です。
後悔しないように,新しい人生に向かって新たな一歩を踏み出しましょう。親権・養育費