離婚を反復して行う場合には,ストーカー行為に該当します。

反復して行う場合には,ストーカー行為に該当します。従って,警察本部長等に警告を出してもらうことが可能です。また,夫がこの警告に従わない場合には,都道府県公安委員会に禁止命令を出してもらうことも可能です。
離婚という局面では相談者さんは自分に不都合な事情を依頼している弁護士にすら隠すことがあるようですし、結果弁護士すら予想出来ない展開になってしまうこともあるようです(自分が浮気しているのを相談者が隠していたとか)、元々完全に有責配偶者からの依頼で、相手にがっちり証拠を握られていたら、よい結果を導くこと自体困難です。 相手(不倫相手の配偶者)の出方にもよりますが,円満に終わらせたいのであれば,ある程度の慰謝料の支払いはやむを得えないでしょう。ただし,きちんと終わらせる意味できちんとした書面を交わしておくことが必要です。また,その際には,相手が不倫事実を周囲にばらさないよう誓約する条項も入れましょう。  しかし,これからは,決して我慢する必要がありません。一度きりの人生です。
後悔しないように,新しい人生に向かって新たな一歩を踏み出しましょう。親権・養育費

Comments are closed.