離婚よって弁護士が得意分野や担当事件の紹介ができるようになり

よって弁護士が得意分野や担当事件の紹介ができるようになり、弁護士に関する情報が得られやすくなりました。
弁護士へ相談する時には、事前に相談事の要点を整理して簡潔明瞭に伝えます。夫の年収は○○円なので、財産分与はいくらになるか、慰謝料、養育費の金額はどうなるのか夫名義の不動産の名義変更はどうしたらよいかなど、予め質問事項をメモしておくと打ち合わせがスムーズに進みます。
その為に、以下のようなトラブルが発生することが稀にあります。
弁護士15名(内女性8名)が全員家事事件のエキスパート集団であり、かつ、各弁護士が、家事の各分野に得意分野を有しています。
しかし弁護士探し・選びは大変です。このように離婚届は、簡単に受理される一方で、一旦戸籍に記載された事項の訂正には大変な労力を伴います。離婚の意思がない場合や離婚原因が納得できない場合には絶対に離婚届には署名捺印をしないようにしましょう。公正証書とは、法務大臣から任命を受けた公証人が作成する文章です。この文章は法的な強制力を持ち、裁判所の判決と同様の効力を持つ文章です。離婚の際は、夫婦間の合意を担保する強力な証拠となります。

Comments are closed.