離婚に伴う財産の問題にまで広く対応し、総合的な弁護士解決を重視しております。

離婚に伴う財産の問題にまで広く対応し、総合的な解決を重視しております。
協力・扶助・同居といった夫婦間の義務を、故意に果たさない行為の事です。
夫婦の一方が、配偶者や子供を捨てて家出して、生活費を渡さなかったり、相手方を虐待するなどして追い出し、帰ることが出来ないようにした場合などがこれに該当します服役してしまったからといって,夫婦関係が破綻してしまったとは断定出来ません。
 犯罪行為の内容やその重さ,妻や婚姻生活に与えた影響などを考慮して,夫婦関係が破綻していたか否かが判断されます。従って,犯罪がそれほど重いものでなかったり,服役中も夫婦が固い絆で結ばれていたような場合には,夫婦関係が破綻していたとはいいずらいでしょう。そのような場合,相手の男性に対して慰謝料請求することも可能と考えられます。
過した後,再度調停を起こすということも考えらます。
 夫が,「電話をかけて何も告げず,又は拒まれたにもかかわらず,連続して,電話をかける」行為を反復して行う場合には,ストーカー行為に該当します。
相手(不倫相手の配偶者)の出方にもよりますが,円満に終わらせたいのであれば,ある程度の慰謝料の支払いはやむを得えないでしょう。ただし,きちんと終わらせる意味できちんとした書面を交わしておくことが必要です。また,その際には,相手が不倫事実を周囲にばらさないよう誓約する条項も入れましょう。  

Comments are closed.